買取額に足すというような手法が使われるのが基本ではありますが

自賠責保険という保険は正しくは自動車損害賠償責任保険通称自賠責保険と言われる保険です。

自賠責保険は属に、強制保険とも呼ばれていて自動車を決められた期間ごとの車検に通す時は決まっている車検の期間に自賠責保険に加入している必要があります。

要は、すべてのクルマが加入する必要がある保険ということです。

それではクルマに自賠責保険がついたまま売りに出した場合はどうでしょうか。

自賠責保険は車検時に更新する場合が結構存在しますが、もし強制保険(自賠責保険)に入ったままの自動車を売りに出した時は、保険料が返金されるという事例はあまりないのが普通です。

というのも、自賠責保険の加入をいったん外して、新しい買取相手にシフトするのは少し手間がかかるのです。

ですので自賠責保険は名義変更をして自動車と一緒に移すことが普通です。

ただしその代わりの額を買取額に乗せてくれるのです。

強制保険(自賠責保険)は自動車税と違い、支払い済みの額を月単位で割った額が返ってくるわけではなく、買取額に足すというような手法が使われるのが基本ではありますが、こういったことが見積シートに明記されることは稀です。

ですので買取時は強制保険の額が買取金額に反映されているかを注意する必要があります。

自分が納めた額がどれくらいかをわかっていれば、間違いはないです。

自賠責保険の加入額というのは契約期間で変わってくるため注意しましょう。

車の処分や廃車の場面では保険の名義を書き換えする必要があります。

もしもこの作業を忘れていたら保険会社からあなたに自賠責の満了の知らせが来てしまいます。

査定を検討中の車がより正確に判断され高く売れることを応援させて頂きます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.institutoagape.org All Rights Reserved.