保有年数にたいして適した走行距離かどうかという点です

自動車の査定の要点として重要度の大きいもののひとつに走行距離がまず考えられます。76-4-122

走行距離はマイカーの耐用年数とみなされることもありますので走行距離が長いだけ見積もりにはマイナス材料となります。76-10-122

一般的には走行距離だけで見れば短いほうが車の買取額は高くなりますが、実はそんなに突っ込んだ判断基準はないので、定められた目安で査定されます。76-20-122

これについては実際、自動車を車買い取り専門業者に見積りする際も重視される見積査定の留意点です。76-14-122

例えば、普通車では年間標準走行距離1万キロを目安としてこれ以上だと一般的にマイナス査定になります。76-6-122

軽自動車だと、年間標準走行距離が8千kmがまた年式が古い割に距離が非常に小さいケースでも見積額が高くなるというわけでもありません。76-5-122

実際実行したらとてもよく分かりますが車は定期的に乗ることで車両のコンディションを維持することができるのであきらかに走行距離が少ない自動車ですと故障が起きやすいと見られる場合もあります。76-3-122

自動車も同様です。76-1-122

一般的には年式と走行距離についての査定のポイントは、保有年数にたいして適した走行距離かどうかという点です。76-15-122

それから愛車の初年度登録からの経過年数も車買取査定の大きな要点です。76-7-122

十分にわかっているという人も多数だと思いますが、年式については新しいほど買取査定では優位なのですが、稀にですがその年式に希少価値がある車は古い年式であっても高額で査定されることもあります。

同様のもので同じ年式でも、ちょうどその年にモデルチェンジや仕様変更などがあった場合は当然、そのモデルによって見積額は違ってきます。

同車種の自動車の下取り額というような場合でもいろいろな要因で評価は異なってくるのです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.institutoagape.org All Rights Reserved.